10年目の朝

 

 告知を受けた日から、9年が経ちました。
 今日から10年目に突入です。

 10年過ぎれば一応OKと言われても、心配はつきませんね。
 

    *********************************************************************************

      がんと向き合う FP 辻本由香です。

      乳がんになった経験をもとに、

    「がんとお金」「がんと仕事」の講演や個別相談を行っています。    

    *******************************************************************************

  

     この日の朝は、何を考えていたんだろう。

     エコーの写真を見たとき、直感でアウトだと気づいたので、何らかの思いで受診したはず。

     覚えてないのは、思い出したくないからかもしれないな。

 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

     主治医からは

     「切除した側と反対の胸に、嚢胞もあるしね。しばらく経過観察は続けましょう。

     と、言われています。

 

     検査の日って、ど~んより、心が晴れません。

     あと1年通って、10年過ぎたら病院に行かずに済むかも!

     と思っていたので、ちょっとガッカリ。

        年に1回の通院が、まだしばらく続きます。

 

     一方で、

     がん友は、10年目に主治医から

      「もう来なくていいですよ。

     これからのこと? 当院での治療は終わりですから、自分で考えて!!

     と言われたそうで・・・

     紹介状も書いてもらえず、来年からどうしようと悩んでいました。

 

 

     定期検査が続くと思うと憂鬱だし、行かなくていいのも心配・・・

 

     患者の想いは複雑ですね。

 

 

     がん患者にとって、10年を区切りと言っていいのかわかりませんが。

     今朝目覚めたことに感謝して

     10年目も、心豊かに笑顔で過ごせたらいいなクローバー

 

    ************************************************************************************ 

      知識を得ることは、人生を豊かにします。
      皆さまのお役にたちましたら幸いです。

      がんと向き合うFP    辻本由香 

    ************************************************************************************

      許可なく、本コラムの内容の複製・転載、および転送することを禁じます。 ●執筆者:辻本由香       


    「がんを生きぬくお金と仕事の相談室」を河出書房新書から出版しました。

       Amazon→こちらから  

     制度面だけでなく、いろんな角度からお伝え出来ることはないか模索してできた本です。     
     ゲノム医療や妊孕性、気持ちの保ち方などにも触れ、
    「よくあるノウハウ本ではなく、血の通った本」との声をいただいています。           

医療従事者限定「仕事に活かすFP講座」

大人として知っておきたいお金の知識と、患者さんの相談に活かせる講座を始めます。 プレセミナーは5月5日と5月7日に行いますが、 本講座は、5月23日(日曜クラス)・5月27日(木曜クラス)から始まります。
Read More »

子供のいない夫婦に死亡保険は必要ですか?

外出自粛の期間に家の大掃除をした人も多いのではないでしょうか。 私も、サイズの合わなくなった洋服を整理したり、 読み終わった本を寄贈用に梱包したり。 片づけ終わるのに、2日も費やしました。 ・・・・・・・・・・・・・・・
Read More »

不妊治療の助成延長に思うこと

新型コロナウイルス感染症の影響で一定期間治療を延期した場合、 時限的に年齢要件を緩和するとのこと。 弊社には、不妊治療のやめ時を決めかねて相談に来る方がおられます。
Read More »

新型コロナで夫婦の危機に?

一部の地域ではありますが、緊急事態宣言が発令されましたね。 私は、バブル崩壊やリーマンショック、阪神大震災など経験しているので、 未曽有の出来事は家族関係にも大きな影響を与えることを体感しています。
Read More »

離婚や死別で税金が安くなる?

  離婚や死別で大切な家族(夫や妻)を失ったとき、 心の痛みだけでなく、経済的な痛みも浮き彫りになります。 そんな生活に変化が起こったとき、 簡単な手続きをすることで、支払った税金が戻ってくるかもしれません。
Read More »

  日に日にコロナウイルス感染症の影響が広がっています。

  そこで、今できる対策について、治療気持ちお金 の面からお伝えします。

 

  少しでも不安やストレスが軽くなることを願って。

 

    *********************************************************************************

     がんと向きあう つじもとFP事務所です。

      乳がんになった経験をもとに、

    「がんとお金」「がんと仕事」の講演や個別相談を行っています。    

      ***********************************************************************************************************************

  治療について 】    

   スーパーや薬局への生活必需品の買い物や、通院は
   不要不急の外出には
あたらないとされています。 

 
   それでも、抗がん剤など治療中の患者にとって
   通院は、リスクの高い行動だといえるでしょう。

  

   そこで、

   ①薬の投与日数を増やして、次回の受診までの間隔をあける  

   電話や情報通信機器を用いた診療での処方を行い、
     ファクシミリ等で
薬局に処方箋情報を送付 
    *慢性疾患等を有する定期受診患者等が継続的な医療・投薬を必要とする場合のみ。
     慢性疾患に「がん」を含むかどうかの判断は医療機関によって異なる(2020/4/3現在)

   などにより、通院の頻度を変えられないか主治医に相談してみてはどうでしょうか。

 

   抗がん剤治療など、どうしても通院が必要な場合は、
   患者さんが少ない時間帯を聞くなど、できる工夫はないか確認しましょう。

   また、医療者がコロナに感染したり、感染者を受け入れたりして病院が閉鎖になることで、
   一時的に他の医療機関を受診することがあるかもしれません。

   万が一に慌てずにすむよう、どう行動するか主治医の意見を聞いておくと安心です。
      自分のことは自分で守る!ですね。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  気持ちについて 】

   ただでさえ、治療中は気が滅入りがちです。

   それなのにテレビはコロナのことばっかり・・・ますます元気がなくなりますね。

   自分で自分のご機嫌を取るには限界があるので、こんなときは誰かのチカラを借りるのも手です。

 

   私は嵐ファンなので、DVDを観て気を紛らわせていますが、

   患者仲間には対戦型のオンラインゲームを楽しんでいる人もいます。

   また、Zoomなどビデオ会議アプリを利用して家にいながら友達や患者仲間と

   繋がることもできます

 

   気晴らしに、ちょっと身体を動かすこともオススメです。

   しんどいときは特に、心をひとりにしないように気をつけましょう。

   
   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   お金について 】

    生活費に加え、治療費の負担もあるがん患者にとって、
    今回のコロナウイルス感染症の影響は大きな問題です。
    使える制度や支援策を知ることは、家計を支える効果があります。   

    

    それでは、収入支出のふたつの視点で考えましょう。

    ☆収入

    ・お勤めの方
     勤務先が休業に追い込まれ、しばらく働けない状態になっている場合、
     休業手当をもらえるかどうかがポイントです。

     新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置が拡大され、
     雇用保険被保険者でない労働者(パートやアルバイトなど)の休業も
     助成金の対象に含まれる予定です。

     参照: 厚生労働省
     新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置の拡大   

    ・企業や個人事業主が利用できそうな支援策
     新型コロナウイルス感染症関連 (経済産業省)が、参考になります。

 
    ・すべての働く方々への支援金、助成金
     コロナウイルス感染症の影響を受ける働く皆さまへ(厚生労働省)
 

    家にいる時間を利用して、不用品のフリマアプリ出品やアンケートモニターなど
    収入を増やすことも考えましょう。

    支出

    ・ 生活に係るお金や住宅関連、学費などでお困りごとがある場合に
      こちらのサイトが参考になります。
      困窮者支援情報共有サイト~みんなつながるネットワーク~ (厚生労働省)

 

    制度を活用したいときは、まず電話で要件や対象を確認し、
    あてはまるようなら印鑑や切手など必要なモノやコトを確認しましょう。

    その際は、できるだけ外出を控えるために、郵便で受け付けができるかも
    聞いてくださいね。

 

     収入と支出を確認したら、ついでに家計をスリム化しませんか?
     制度の活用にプラスして、スマホ料金(有料オプションなど)等の見直しすることも
     非常事態を乗り切るために有効です。

   使える制度がわからなかったり、
   ひとりでいろいろ考えることがストレスになる方もいるでしょう。
   そんな時は個別相談をご活用ください。
   初回のご相談は50分まで無料で行っています。 
   *

   新型コロナウイルス感染症の収束の見通しが立たないため、
   しばらく対面でのご相談は控え、Zoomにて対応いたします。 
 

   どうか皆さま、くれぐれも体調管理にはお気を付けください。

 

 

  ************************************************************************************ 

      知識を得ることは、人生を豊かにします。
      皆さまのお役にたちましたら幸いです。

 

      つじもとFP事務所
      辻本由香

     *******************************************************************************

       初の著書「がんを生きぬくお金と仕事の相談室」を出版しました。

       Amazon→こちらから          

  日に日にコロナウイルス感染症の影響が広がっています。

  そこで、今できる対策について、治療気持ちお金 の面からお伝えします。

 

  少しでも不安やストレスが軽くなることを願って。

 

    *********************************************************************************

     がんと向きあう つじもとFP事務所です。

      乳がんになった経験をもとに、

    「がんとお金」「がんと仕事」の講演や個別相談を行っています。    

      ***********************************************************************************************************************

  治療について 】    

   スーパーや薬局への生活必需品の買い物や、通院は
   不要不急の外出には
あたらないとされています。 

 
   それでも、抗がん剤など治療中の患者にとって
   通院は、リスクの高い行動だといえるでしょう。

  

   そこで、

   ①薬の投与日数を増やして、次回の受診までの間隔をあける  

   電話や情報通信機器を用いた診療での処方を行い、
     ファクシミリ等で
薬局に処方箋情報を送付 
    *慢性疾患等を有する定期受診患者等が継続的な医療・投薬を必要とする場合のみ。
     慢性疾患に「がん」を含むかどうかの判断は医療機関によって異なる(2020/4/3現在)

   などにより、通院の頻度を変えられないか主治医に相談してみてはどうでしょうか。

 

   抗がん剤治療など、どうしても通院が必要な場合は、
   患者さんが少ない時間帯を聞くなど、できる工夫はないか確認しましょう。

   また、医療者がコロナに感染したり、感染者を受け入れたりして病院が閉鎖になることで、
   一時的に他の医療機関を受診することがあるかもしれません。

   万が一に慌てずにすむよう、どう行動するか主治医の意見を聞いておくと安心です。
      自分のことは自分で守る!ですね。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  気持ちについて 】

   ただでさえ、治療中は気が滅入りがちです。

   それなのにテレビはコロナのことばっかり・・・ますます元気がなくなりますね。

   自分で自分のご機嫌を取るには限界があるので、こんなときは誰かのチカラを借りるのも手です。

 

   私は嵐ファンなので、DVDを観て気を紛らわせていますが、

   患者仲間には対戦型のオンラインゲームを楽しんでいる人もいます。

   また、Zoomなどビデオ会議アプリを利用して家にいながら友達や患者仲間と

   繋がることもできます

 

   気晴らしに、ちょっと身体を動かすこともオススメです。

   しんどいときは特に、心をひとりにしないように気をつけましょう。

   
   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   お金について 】

    生活費に加え、治療費の負担もあるがん患者にとって、
    今回のコロナウイルス感染症の影響は大きな問題です。
    使える制度や支援策を知ることは、家計を支える効果があります。   

    

    それでは、収入支出のふたつの視点で考えましょう。

    ☆収入

    ・お勤めの方
     勤務先が休業に追い込まれ、しばらく働けない状態になっている場合、
     休業手当をもらえるかどうかがポイントです。

     新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置が拡大され、
     雇用保険被保険者でない労働者(パートやアルバイトなど)の休業も
     助成金の対象に含まれる予定です。

     参照: 厚生労働省
     新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置の拡大   

    ・企業や個人事業主が利用できそうな支援策
     新型コロナウイルス感染症関連 (経済産業省)が、参考になります。

 
    ・すべての働く方々への支援金、助成金
     コロナウイルス感染症の影響を受ける働く皆さまへ(厚生労働省)
 

    家にいる時間を利用して、不用品のフリマアプリ出品やアンケートモニターなど
    収入を増やすことも考えましょう。

    支出

    ・ 生活に係るお金や住宅関連、学費などでお困りごとがある場合に
      こちらのサイトが参考になります。
      困窮者支援情報共有サイト~みんなつながるネットワーク~ (厚生労働省)

 

    制度を活用したいときは、まず電話で要件や対象を確認し、
    あてはまるようなら印鑑や切手など必要なモノやコトを確認しましょう。

    その際は、できるだけ外出を控えるために、郵便で受け付けができるかも
    聞いてくださいね。

 

     収入と支出を確認したら、ついでに家計をスリム化しませんか?
     制度の活用にプラスして、スマホ料金(有料オプションなど)等の見直しすることも
     非常事態を乗り切るために有効です。

   使える制度がわからなかったり、
   ひとりでいろいろ考えることがストレスになる方もいるでしょう。
   そんな時は個別相談をご活用ください。
   初回のご相談は50分まで無料で行っています。 
   *

   新型コロナウイルス感染症の収束の見通しが立たないため、
   しばらく対面でのご相談は控え、Zoomにて対応いたします。 
 

   どうか皆さま、くれぐれも体調管理にはお気を付けください。

 

 

  ************************************************************************************ 

      知識を得ることは、人生を豊かにします。
      皆さまのお役にたちましたら幸いです。

 

      つじもとFP事務所
      辻本由香

     *******************************************************************************

       初の著書「がんを生きぬくお金と仕事の相談室」を出版しました。

       Amazon→こちらから