再建する?しない? 乳がん事情

 

 

  乳がん患者以外の人からも、よく質問を受ける「乳房再建」。

 

    基準は何か、気になるようです。

 

 

 

       **************************************************************

     がんと向きあう つじもとFP事務所です。

      乳がんになった経験をもとに、

    「がんとお金」「がんと仕事」の講演や個別相談を行っています。

      8年前に乳がんになり、

        初期だったにもかかわらず右胸を全摘しました。

       ********************************************************************************
 

    

      「全摘」したというと、そのあと「どうしたのだろう」と思うようで。

 

        再建したの?と聞かれることが多いのです。

 

 

 

 

        ☆私は、再建することは全く考えず。

               理由は面倒だったから (笑)

 

       ☆再建しようと考えた人は

        ・胸のない自分の姿を見るのがツラい

        ・「がん」になる前の自分に戻りたい

        ・結婚の予定があって、好みのウエディングドレスを着たい

        ・趣味がスイミング。着替えや水着姿に自信が持てない

        ・子どもが泣いた

        など、それぞれの事情があるようです。

 

 

 

 

       わたしが面倒だと思ったのには、理由があります。

 

         1. 再建には手術が必要

          2.  お金がかかる       

 

       1. 再建手術には、

      ①人工乳房手術(シリコン・インプラントを用いた乳房再建)

           自分の組織を移植する手術      

   

         の2種類があって、一般的に

        ①の場合、入院期間は最短で3日程度。

        ただ、再建手術の前に胸を膨らませて人工乳房を入れるスペースを作るために

        (ティッシュ・エクスパンダ―による組織拡張手術)4~6ヶ月の準備期間が必要です。 

 

        ②の場合、自分のお腹や背中の組織を移植する手術で、入院期間は手術後10~14日程度。

        将来妊娠・出産の可能性がある場合は帝王切開ができなくなるため適応できないこともあります。

         

 

        2. 費用として

      は40~50万円程度、②は30~60万円程度と見積もっておきましょう。

        健康保険の高額療養費制度を利用するとおおよそ10万円程度に。

        *収入や年齢によって違いがあります

 

       ******************************************************************************************

       誰に見せるでもないので、面倒なことはできるだけ避けようと思いました。

       外見が変わることで仲が悪くなる夫婦もあるようですが、

        ダンナ君(夫)は「外見」よりと言ってくれて

       ホッとしました。

     

       万が一、両胸が全摘になって洗濯板のようになってしまったら。

       そのときは乳房再建を考えてみようと思っています。

 

       患者仲間との合言葉は

       目指せ!叶姉妹!!

 

    どちらが良い・悪いではなく、
        
自分にとって、いま必要だと思うことに向きあえばいいんじゃないでしょうか。

 

       知識を得ることは人生を豊かにします。
       皆さまのお役にたちましたら幸いです。

 

       つじもとFP事務所
       辻本由香      

     ******************************************************************************************

       初の著書「がんを生きぬくお金と仕事の相談室」を出版しました。

       Amazon→こちらから 楽天ブックス→こちら  紀伊国屋書店→こちらです